バレエレッスン

2015年2月5日(木)

解剖学的なアプローチ

こんにちは。
雪…やっぱり降ってますね。
これから本格的に降るようなので、
滑って怪我のないように、皆さん気をつけて下さい。
おまけに、寒さも厳しいです。
冷えは身体にさまざま影響を与えますから
腰痛・膝痛・肩こり・冷え性などのお悩みをお持ちの方は
温めて予防してくださいね。

さて、昨日に続いてのブログ更新。
バレエレッスンでのお話です。

毎週水曜日は外部のバレエ講師として「教え」をしている私。
バレエのレッスンでも昨日のブロクで紹介した小道具たちは大活躍です。

img_20150117-145509.jpg  img_20150205-113425.jpg
ストレッチとバレエを教えていて、
どちらも解剖学的なアプローチが大切だな。とつくづく思いますが、
バレエは、ストレッチよりさらに解剖学的なアプローチの必要性を感じます。

私のバレエレッスンでは、具体的な筋肉の名称・働き・部位を生徒さんに必ず説明した上で
・どうすれば怪我をしないか。
・身体が効率よく自然に動くためにはどうしたらいいのか。
・無理のない身体の使い方をするためには。
これらのことをメインテーマに指導をしています。

そして、これらのことを具体的にお伝えするために『解剖学』はとても役に立ちます。
ダンス・バレエを経験された方は、お分かりになるかと思いますが、
身体の使い方を説明される時、とっても抽象的で感覚的な言葉が多いです。
私自身も長くダンス畑にいた人間で、それが当たり前になっていましたが
教えをはじめてから、特に初心者の生徒さんには抽象的・感覚的な説明が全く通用しない。ということを学びました。
生徒さんに、可能な限り明確にお伝えしたい。と思うようになったのもその経験からです。
明確にお伝えするために、「解剖学」と聞くと難解なイメージのあるものを
骨模型・筋肉のイラスト・その他の小道具を使い分かり易くお伝えして、生徒さんの理解度をあげ、具体的なイメージを持ち易くする。
お伝えした通りに体を使うことが出来る。とかできない。が重要なことではなく、
はじめの一歩として、生徒さんご自身がきちんと『知って、理解して、イメージする』ことが何より大切なことです。なぜなら、体を動かすのは私ではなく生徒さんご自身ですから。
きちんと知って理解する。というはじめの一歩が次のステップへ必ず繋がっていきます。



実際、レッスンで骨模型・筋肉のイラスト・その他の小道具を使うようになってから、身体の反応も変化の速度も速くなりました。
そして、生徒さんからは…
「具体的に自分の体をイメージしながらレッスンすると、今まで使えてなかった部分が使えるようになったり、楽に体を動かせるようになります。」と言っていただけたり…。
「本当にたくさんの筋肉があるんですね。しっかり使わないと勿体無いですね。(笑)」と言っていただけたり…。
「筋肉の本を見せてもらっていいですか?」と興味を持ってもらったり…。
体験レッスンにいらした生徒さんには、
「ものすごく具体的に教えてらっしゃるんですね。面白かったです。」と言っていただけたりしています。

バレエの教えもストレッチの教えと同様、私にとっては『予防・改善』という事が根底にあります。
どちらのレッスンでも、私のレッスンを受けてくださった方々にとって、ご自身の身体を「知る」一つの機会になればいいな。と思っています。


 

2014年11月19日(水)

発見の楽しさ。

水曜日は、バレエの講師。
今夜も通常のレッスンの後、12月のスタジオコンサートのリハーサル。
回を重ねるごとに上手になっていく生徒さんたち。
今夜もワクワク・・・キラキラ・・・をたくさん頂きました。

今回のコンサートのリハーサルに入ってすぐ、生徒さんのお一人にこんな提案をしました。
「今回の作品のリハーサルを通して、アームスの使い方を深めてみませんか?」と・・・。
彼女はとても腕が長いのですが、せっかくの長く綺麗な腕を上手く使えていませんでした。
通常のレッスン時から少しずつアームスの使い方をお伝えしてきていて
以前に比べると随分良くなってきていたのですが
作品を踊る上で「アームス」の使い方・見せ方で踊りは大きく変わってきます。
不得意なものをいい方向に変えていくにはいい機会だと思い、提案させて頂きました。

その生徒さん、私の提案以外にもリハーサルを重ねるたびに
ご自身で感じた課題や疑問を必ず質問されます。
「今回のコンサートのリハーサルは、楽しいです。発見がたくさんあるから」
そうお話しされる彼女はとても素敵な笑顔。



私自身も、生徒さんから受ける質問や疑問で改めて気付く事や確認する事・勉強する事が多々あります。
「先生」という立場で皆さんに私の知識や技術をお伝えしていますが、
私も毎回のレッスンで生徒さんからたくさんの「気付き」を頂いています。

「教える」って事は、同時に「学ぶ」という事なんだな。
と、活き活きとお話される生徒さんを見て改めて思った今夜のレッスンでした。


 

2014年11月13日(木)

キラキラ…。

今日は、快晴!!
青い空と太陽sunが顔を出すと、気持ちが上がります。notes

毎週水曜日は、お世話になっているスタジオでバレエの講師をしているのですが
12月にスタジオのクリスマスコンサートがあるため、10月から作品のお稽古をしています。

昨年は、子どもたちだけのミニコンサートでしたが
今年は大人も加わり、昨年より更に賑やかな会になりそうです。

皆さん、お仕事もされてますから
レッスンに毎回参加するのもなかなか難しかったりもしますが
12月のコンサートに向けて、短い時間の中で一生懸命練習されてます。

作品を踊る。ということは、レッスンとは違った空気感があって
生徒さんにとってもいい刺激になっているのではないかな?と思います。
作品を練習されてる生徒さんたち、いつもに増してキラキラnoteしていて素敵です。
キラ☆キラしている生徒さんたちを指導しながら、皆さんのキラ☆キラを分けてもらってます。

毎週、少しずつ上手になっていく生徒さんたちの踊りを見て
ワクワクしながら指導させてもらっています。
12月の本番。皆さんがどんな花を咲かせてくださるのか??
楽しみです!!

img_20141113-112101.jpg


 

2014年9月25日(木)

バレエレッスンwith 晴明くん

おはようございます。
台風の影響で、お天気がいまいちですが
被害もなくほっと一安心です。
今年は、本当に台風が多いですね。。。


昨日は、お世話になっているバレエスタジオでバレエの講師。
このクラスでも、もちろん晴明くんは大活躍です。
ストレッチクラス同様、意識して使っていただきたい筋肉の画像を
生徒さんに見て頂いてからレッスンが始まります。

バレエクラスでも私のアシスタントをしてくれた晴明くん。
やっぱり、ここでも大人気!!!
いつも平面でしか理解できなかった筋肉を立体的に理解していただけることで
生徒さんからも「意識しやすい」と喜んでいただきました。

img_20140925-103316.jpg

写真の晴明くんは、フロアでのストレッチの際の姿勢をとってくれてます。

いつもどのような姿勢をとって頂きたいかを言葉で色々説明するのですが、
言葉だけではなかなか伝わらなかったり、具体的にイメージを持つことが難しかったり…。
でも、こうして骨模型で見本を見せるとイメージを具体的に持つことができるので
身体へのフィードバックが速く・正しい姿勢をとることができます。

Preparationでは、「改善」と「予防」ということを大事にストレッチレッスンを指導していますが、バレエのレッスンでもそれは同じことです。
特にダンサーさんの場合、怪我をすることでパフォーマンス力が低下したり、怪我の度合いによっては、ダンサー寿命が短くなります。
だからこそ、まずは自身の身体について知っていただきたい!!!と強く思います。

私自身も解剖学を勉強して、自身の身体がどういう構造なのかを知ったことで教える上でも大変役に立っていますが、自身のレッスン・メンテナンスをする際にも本当に役立っています。

1レッスンの時間は限られていて、とても短い時間。
その短い時間の中で、お伝えできる事はほんの少しかもしれませんが
少しずつでも、生徒の皆さんに身体の知識をお渡ししていければいいな。と思っています。





 

2014年8月18日(月)

見事なハイルルベ!!

暦の上では秋。
朝晩は、かなり涼しく過ごしやすくなりましたが
日中は、まだまだ暑い毎日ですね。

月曜日は、朝のバレエレッスンからスタート。
このクラスには、以前にも紹介しましたが
ママさんがお二人、
1歳と2歳になったばかりの坊を連れてレッスンに励んでいらっしゃいます。

1歳になったばかりの坊は、
今日のレッスン中に初めて歩きました。
思わず嬉しくてレッスン中断・・・・。sweat01
みんなに拍手されて、坊は嬉しそうにはしゃいでました。(笑)

そして、2歳になったばかりの坊は最近「パッセ」を覚え、
ママと一緒に「パッセ」をするようになりました。(笑)

img_20140819-000309.jpg

毎週、驚くほど早い子供たちの成長を目の当たりにしながら
笑いが絶えない賑やかな朝のクラスです。

以前から、つかまり立ちやつたい歩きを始めた赤ちゃんの見事な
ハイルルベに感心していた私ですが、
月曜の朝のクラスでも1歳になったばかりの坊は
レッスン中に度々、見事なハイルルベを見せてくれます。
(ルルベとは、バレエ用語でつま先立ちの事です。)

立つことがやっと・・・。な赤ちゃんは、
まだ脚の筋肉がしっかりとしていない分
立った時に骨盤から上の筋肉をしっかり上に引き上げておかないと立てないんですね。
この頃の赤ちゃんの背面を見ると、それは見事に背筋が引き上がって美しいんですよね。
まさしく、ダンサーさんに見習って頂きたい上半身の引き上げとハイルルベです。(笑)

生まれてから頚の座らない赤ちゃんが
寝返り、ハイハイ・・・。これらの運動の中で背筋や腹筋を自然に鍛えて
立つための準備をし、つかまり立ちやつたい歩きを繰り返すことで
徐々に歩くための筋肉をつけていく。。。。。

これらの発達は遺伝子に組み込まれたもの。
本当に凄いですよね。

坊の見事なハイルルベの写真を撮りたい!!!
と何度もチャレンジしているのですが・・・
いつもカメラに気付かれて、失敗sweat02に終わってます。
が・・・チャレンジはまだ続きます。(笑)


















 



Preparation新着情報

プロフィール画像
チャリティーイベント終了!!
株式会社リジョブさん主催の「咲くらプロジェクト」チャリティーイベントが無事に終了しました。
ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

Blog

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード